ドラマ「24 -TWENTY FOUR – シーズン8」17話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「24 シーズン8」17話

午前8時〜午前9時

ドラマ「24 シーズン8」第17話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「24 シーズン8」第17話のあらすじ1

ジャック(キーファー・サザーランド)はテイラー大統領(チェリー・ジョーンズ)に電話をかけハッサン大統領(アニル・カプール)を救出できなかったことを謝り和平協定は実現するように言いました。テイラー大統領はジャックが到着した時にはハッサン大統領はすでに処刑されていたのでしかたないが和平協定は実現しないと言いました。テロリストの首謀者のサミール(ミドウ・ハマダ)は逃亡中にコール(フレディ・プリンゼ・Jr)に撃たれます。意識はありませんが命に異常はないのでCTUで尋問することにします。しかし、救急隊員に変装したロシア大使のノヴァコヴィッチ(グラハム・マクタビッシュ)の手下はサミールに注射をしました。手下が立ち去る時ルネ(アニー・ワーシング)とすれ違いました。ジャックは自分の役目は終わったとルネと共に家に戻りました。

【承】ドラマ「24 シーズン8」第17話のあらすじ2

テイラー大統領は和平会議の中止を決断し各国の代表に発表しようとしているとジャモ(ナーヴィド・ネガーバン)が中止しなくていい方法があると言いました。ノヴァコヴィッチに手下からサミールを始末した時に見たことのある女に顔を見られたことを報告します。ノヴァコヴィッチはジャックとルネを監視するように指示しました。テイラー大統領とジャモはハッサン大統領の妻のダイア(ネカー・ザデガン)にハッサン大統領の後継者になるように説得をします。ダリアは悩みますが後継者になることに同意し和平交渉に調印すると言いました。

【転】ドラマ「24 シーズン8」第17話のあらすじ3

CTUにクロエ(メアリー=リン・ライスカブ)に国土安全保障省のウッズ(フランク・ジョン・ヒューズ)からヘイスティングを解任するので臨時の支部長にすると電話がありました。ジャックとルネは愛を確かめ合います。そのとき向かいのビルでは手下が住民を殺しジャックの部屋を銃で狙っています。テイラー大統領はノヴァコヴィッチと話します。ノヴァコヴィッチは難癖をつけ調印しないと言いました。テイラー大統領はロシアの大統領と直に話すと言いますがノヴァコヴィッチはロシアの見解だと言いました。テイラー大統領はイーサン(ボブ・ガントン)と話し相談します。イーサンからチャールズ・ローガン(グレゴリー・イッツェン)が協力してくれると聞きますがテイラー大統領は納得のいかない様子です。CTUではサミールが心停止を起こし死亡し、」クロエが薬物検査を急がせます。

【結】ドラマ「24 シーズン8」第17話のあらすじ4

テイラー大統領はローガンと面会してローガンはノヴァコヴィッチと面会してロシアを納得させると言います。ジャックの部屋ではジャックの電話が鳴りルネが出てクロエと話しをします。サミールが殺されたことを聞きルネは救命士がロシアンマフィアかもしれないと思い出し潜入捜査をしていた時のファイルを送るように頼みます。ルネが狙撃手に撃たれてしまいます。ジャックはルネを病院に運びます。クロエからの電話で向かいのビルから狙撃されたことを伝えルネから頼まれたファイルの話をします。ルネは死んでしまい、ジャックは茫然とクロエの側に行きました。

ドラマ「24 シーズン8」16話

ドラマ「24 シーズン8」18話

ドラマ「24 シーズン8」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「24」ネタバレあらすじ

ドラマ「24 シーズン7」のネタバレあらすじ結末まとめTOP