ドラマ「24 シーズン8」11話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「24 シーズン8」11話

午前2時〜午前3時

ドラマ「24 シーズン8」第11話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「24 シーズン8」第11話のあらすじ1

ジャック(キーファー・サザーランド)は病院の酸素室に爆弾ベストを着て立てこもっているマルコス(ラミ・マレック)を説得するためCTUからマルコスの情報を聞き出し母親を使って説得することにします。テロリストは放射能爆弾を製造してマンハッタン需要拠点を狙っています。ヘイスティング(ミケルティ・ウィリアムソン)はマンハッタン島に入るルートを監視して放射性物質が移動するのをCTAの放射線検出器と無人機を使って探知する事にします。デイナ(ケイティー・サッコフ)とコール(フレディ・プリンゼ・Jr)はCTUに戻ります。デイナは職場放棄したことでクロエ(メアリー=リン・ライスカブ)の下でサポートするようにヘイスティンから指示を受けます。テロリストたちは病院の監視カメラをハッキングしてマルコスとCTUの動きを監視しています。

【承】ドラマ「24 シーズン8」第11話のあらすじ2

CTUでは監視を続けています。病院ではジャックが内部カメラを使ってマルコスの説得を始めましたが、マルコスは説得に応じず死ぬ覚悟はあると言い爆弾ベストを手動で爆破するべく回路を繋いでいます。ホテルの部屋でタリン(T.J.ラミニ)はカイラ(ナズニーン・コントラクター)に亡命の計画を話します。カイラに母親のダリア(ネカー・ザデガン)から電話がかかりますがタリンは無視するように言います。ダリアはハッサン大統領(アニル・カプール)にカイラが電話に出ない事を伝えます。ダリアはタリンを逮捕したことやカイラが行方不明になったことを責めます。ハッサン大統領はカイラを探し出すことを約束します。

【転】ドラマ「24 シーズン8」第11話のあらすじ3

CTUのデイナに保護観察官のブレイディ(スティーヴァン・ルート)からケビン(クレイン・ウェイド)について会って話しを聞きたいと電話がかかっています。デイナは仕方なく会うと言ってします。病院のマルコスは爆弾回路を繋いでいます。コールが母親を病院に連れてきました。ジャックは母親に状況説明をします。デイナは保護観察官のことをコールに電話します。コールは自分で対処するように冷たく対応します。ジャックは母親にマルコスを説得することに協力するように頼みます。母親はマルコスに話しかけ説得しています。CTUのクロエは病院のカメラがハッキングされていることに気づきジャックに知らせました。マルコスは母親に別れを言いました。テロリストたちも母親が説得していることを知っています。ジャックは母親を利用してマルコスを脅します。

【結】ドラマ「24 シーズン8」第11話のあらすじ4

マルコスは母親に何もしないことを条件に立てこもっている酸素室から出てきました。爆弾ベストが点滅しています。ジャックは爆弾の回路を切ろうとしていますが、ハッキングしているテロリストたちは映像を見て爆弾を起動させました。ジャックはみんなを避難させ、回路を解除しようとしています。ジャックはマルコスからテロリストの情報を聞き出しました。タリルが実行犯の一人だと情報を得ました。爆弾は起爆してしまいマルコスは死んでしまいました。ハッサン大統領はカイラの捜索を警察に頼んでいます。ジャックから電話がかかりタリンが犯人だと聞きました。ハッサン大統領はジャックにカイラがタリンと逃げたことを話します。カイラがやっと電話にでました。ダリアがカイラにタリンが犯人だと伝え居場所を聞き出し部屋に入るように話すとカイラの場所をジャック伝えました。

ドラマ「24 シーズン8」10話

ドラマ「24 シーズン8」12話

ドラマ「24 シーズン8」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

他シーズンのドラマ「24」ネタバレあらすじ

ドラマ「24 シーズン7」のネタバレあらすじ結末まとめTOP