ドラマ「きょうは会社休みます。」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「きょうは会社休みます。」のネタバレあらすじ結末まとめTOP

ドラマ「きょうは会社休みます。」のあらすじ、概要、見どころ

昨年のNHK大河ドラマ『八重の桜』では、幕末の凛とした主人公を演じていた綾瀬はるかが一転、彼氏いない歴30年(もちろん処女!)の残念OL、その名も〈こじらせ女子〉となって、ヒット作『ホタルノヒカリ』シリーズと同じ水曜10時枠に帰ってきます。
〈干物女〉が流行語大賞にノミネートされ、映画化もされた『ホタルノヒカリ』同様、少女マンガが原作のこの作品は、30歳の冴えないOL・花笑が、ある人突然9歳年下のイケメン大学生と付き合うことになって…、というコメディタッチのラブストーリーです。

『ホタルノヒカリ』では、等身大の〈干物女〉をナチュラルに演じ、多くの女性たちの共感を得ていただけに、今回も、自分に自信がない・甘え下手・疑り深いなどの特徴があるという〈こじらせ女子〉を、綾瀬はるかがどれだけリアリティをもって演じてくれるか、さらにストーリーが進むにつれて、徐々にステキ女子へと成長していく(のでしょうか? 勝手な想像ですが…)その変化の演じ分けにも期待が寄せられるところだと思います。

そして、肝心の相手役・イケメン大学生を演じるのは、『あまちゃん』でブレイク後、数々のドラマ・映画やCMに出演し、いまや大人気の若手俳優、福士蒼汰です。
彼以上の適役は今のドラマ界にはいないと言ってもいいような気がするくらい、これはベストなキャスティングだなと個人的には思っています。
また、花笑に興味を持ち、何かと恋愛のアドバイスをしてくれる年上のイケメン会社経営者・朝尾を玉木宏が演じます。
恋愛初心者の花笑が、二人のイケメンに翻弄されながら初めての恋に奮闘するこのドラマ、どんなストーリーが展開されていくのか楽しみです。

さらには、脇を固めるキャスト陣ですが、個人的には、花笑とは対照的なキャラクター設定の二人の女性に注目したいです。
花笑とは反対に恋愛にポジティブな、仲里依紗演じる後輩OL・瞳と、花笑の大学時代からの親友ですでに2児の母である現実主義者、平岩紙演じる一華。
この二人と対比することで、より一層、花笑の特徴も引き立つし、どんなタイプの女性が観ても、どこかに自分や自分の周りにいる人に近い、共感できる登場人物のいるドラマになるのかなあと思っています。
『ホタルノヒカリ』のように、ヒロインの恋の行方とともに、ヒロインを取り巻く人たちの人間模様もしっかり描かれたドラマになっていることを期待したいです。

ドラマ「きょうは会社休みます。」のネタバレあらすじ結末まとめ一覧

1話のネタバレあらすじ結末

【2話予告】田之倉の告白の返事を「保留」にした花笑ですが、自分を選んだ田之倉の真意をはかりかねていました。
さらには、田之倉が同世代の女の子と楽しそうに二人でいるところを目撃してしまいます。
傷つくのが怖くて臆病になる花笑に、恋をするってそういうことだとアドバイスする朝尾。果たして花笑は…。

2話のネタバレあらすじ結末

【3話予告】田之倉とつきあうことになり浮かれる花笑に、「くれぐれも重い女にならないように」と忠告する朝尾。
そんな中、花笑は一人暮らしの田之倉の部屋に遊びに行きますが、そこで女物のヘアアクセサリーを見つけてしまいショックで部屋を飛び出してしまいます。
外していた眼鏡を再びかけて落ち込む花笑に朝尾が、彼のことは忘れて俺と付き合わないかと言い出して…。

3話のネタバレあらすじ結末

【4話予告】彼氏がいることが両親にばれた花笑は、田之倉を自宅に呼び両親に紹介することに。ところが、花笑が朝尾に車で送ってもらっているところを見かけ、朝尾が恋人だと勘違いしていた父・巌(浅野和之)は、やって来た若い田之倉を見て…。

4話のネタバレあらすじ結末

【5話予告】帝江物産の社員たちが中止になったプロジェクトの事後処理に追われる一方で、田之倉との交際が両親公認となった花笑のプライベートは充実。ある日花笑は、以前に武士沢の店で出会ったひろ乃(古畑星夏)と再会し、彼女の恋愛相談にのることに。ところが、ひろ乃の意中の相手はなんと田之倉。田之倉と付き合っていることをひろ乃に言い出せない花笑は、そのことで田之倉とも険悪に…。

5話のネタバレあらすじ結末

【6話予告】飲み会で一緒になった田之倉に、自分を選んでほしいと積極的に迫るひろ乃。
一方、田之倉から言われた「しばらく会うのをやめる」の真意を測りかねる花笑は、距離感をどうしていいのかわからず、会社でも田之倉に対して挙動不審に…。

6話のネタバレあらすじ結末

【7話予告】同棲に向けて田之倉の部屋で予行演習をすることにした花笑ですが、30年間実家暮らしの気楽さに比べて何かと気を遣ってしまい2泊以上の連泊ができず、実現には程遠い状態に。そんなとき、田之倉が風邪で寝込んでしまい…。

7話のネタバレあらすじ結末

【8話予告】田之倉が、大学院を卒業したらアメリカに行きたいと言うのを聞いた花笑は、田之倉の思い描く未来に自分がいないと感じ不安に。そんなとき、京都の実家から上京してくる田之倉の母(鈴木杏樹)と会うことになって…。

8話のネタバレあらすじ結末

9話のネタバレあらすじ結末
10話のネタバレあらすじ結末

ドラマ「きょうは会社休みます。」の主なキャスト、出演者、登場人物

青石花笑(綾瀬はるか)
田之倉悠斗(福士蒼汰)
大川 瞳(仲里依紗)
大城 壮(田口淳之介)
加々見龍生(千葉雄大)
笹野一華(平岩紙)
武士沢吉洋(田口浩正)
青石 巌(浅野和之)
立花貴昭(吹越満)
青石光代(高畑淳子)
朝尾 侑(玉木宏)