ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」9話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」9話

ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」9話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」9話のあらすじ1

織田家にキリスト教の宣教師ルイス・フロイト(ニコラス・ペタス)がキリスト教の布教活動の許可をもらいにやってきます。
未来ではキリスト教は有名だと思っているサブロー信長(小栗旬)はすぐ許可を出します。
光秀(小栗旬・二役)はそんなことをしたら比叡山延暦寺の僧たちが黙っていないと心配しますがサブローは気にしません。
そんな時、徳川家康(浜田岳)が武田信玄から来た織田を倒すために加勢しろという書状を見せに来ます。
「風林火山」の軍として有名な武田軍が攻めてきたら織田家だけでは戦えないと心配する恒興(向井理)ら家臣。
同盟を結んだ松永(古田新太)に援軍を頼みますが断られます。サブローは鉄砲を使ばどんな強い騎馬軍にも勝てると思いつきますが、武田軍がくるまでに大量の鉄砲は集められないと半兵衛(藤木直人)らに言われてしまいます。
それでも戦うしかないとサブロー信長は戦場へ向かいました。

【承】ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」9話のあらすじ2

すると突然武田軍は引き返します。
なんと武田信玄が病死したのでした。
家臣らは信長の幸運は天から与えられたものだと喜びます。
城へ戻ってサブローは幸運に喜び、帰蝶(柴崎コウ)に頼んでクリスマスパーティを開きます。
もみの木の飾りやたくさんの料理や酒、柴田勝家(嶋政宏)扮するサンタクロースからのプレゼントなどに家臣らは楽しいひと時を過ごします。
そんな中、光秀をずっと怪しんでいる秀吉(山田孝之)は近づいては何度もさぐりを入れ始めます。
サブロー信長は帰蝶にルイスからもらったオルゴールをプレゼントします。
帰蝶は何故、クリスマスのことや不思議な事をいろいろ知っているのか不思議がります。
サブロー信長は周囲の大切な人たちに自分が未来から来た偽物だと言えないことに苦しみ始めます。

【転】ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」9話のあらすじ3

その頃、延暦寺の僧らが布教を許した信長に反抗して町で暴れているとの噂が入ります。
サブロー信長は交渉が苦手なので本物の信長・光秀に今回だけ入れ替わって延暦寺に行ってほしいと頼みます。
秀吉はこの機会を逃すまいと自分1人がついていくと言って延暦寺に向かいます。
僧らに交渉を持ちかけますが全く応じません。秀吉は今後もきっと言うことを聞かないだろうから攻めてしまおうと信長に持ちかけます。
サブローなら断るだろうと思ってのことでした。
しかし本物の信長は応じ、延暦寺は僧、女、子供まで全て焼き払われてしまいます。
秀吉はサブローにも聞いた初陣についての質問を再度します。
サブローは覚えていないと言っていたが本物の信長はきちんと覚えていたので秀吉は入れ替わっていたことを確信したのでした。

【結】ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」9話のあらすじ4

延暦寺を焼き討ちにしたという噂は浅井家にも届きます。
長政(高橋一生)も市(水原希子)も信じられません。
城に戻った本物の信長・光秀にサブロー信長は激怒します。
織田家のためには仕方なったと言いますが、罪のない人を殺してまで天下はいらないと怒鳴り返します。
信長に戻ったサブローは広間で前田利家(藤ヶ谷太輔)ら家臣に信じられないと責められますが入れ替わった本物の信長・光秀がやったことだと言えないサブロー信長。
いい国を作ろうと信長として生きる充実感を味わい始めていましたが、改めて入れ替わっている苦しみや限界を感じたのでした。

信長協奏曲(コンツェルト)8話はこちら

信長協奏曲(コンツェルト)10話はこちら

信長協奏曲(コンツェルト)のネタバレあらすじ結末まとめTOP