ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」11話最終回のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」11話 最終回

ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」11話 最終回のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」11話 最終回のあらすじ1

サブロー(小栗旬)は恒興(向井理)に城から出て行けと言われ悩んでいました。
そこへ浅井・朝倉家が織田領に攻めようとしていると知らせが入ります。
家臣らは戦を希望しますが、サブローは和睦を結びたいので書状を送るように半兵衛(藤木直人)に指示します。
サブローは浅井家との事が終了次第出て行くと決めますが、光秀になっている本物の信長(小栗旬・二役)は、今サブローが出て行き自分が戻っても帰蝶を始め家臣らはついてこないのではと嫉妬し始めます。
浅井家に織田からの和睦の書状が届きます。
浅井の家臣らは殺された家臣らのためにも最後まで戦うべきだと言います。
しかし長政(高橋一生)も戦の無い世の中を望んでいるため和睦を了解する書状を送ります。サブローは喜びます。

【承】ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」11話 最終回のあらすじ2

秀吉(山田孝之)は、和睦により長政の父・久政(村井國夫)と通じていた事が知られるのを恐れているため戦に持ち込みたいと思っていました。
そして長政が和睦の会見で織田家に向かう日、1人の家臣が切腹して和睦反対を示した風に見せかけ気持ちを変えさせようと裏で動いていました。
長政はショックを受け織田家に来て家臣らのために最後まで戦うことを宣言します。
サブローは戸惑いますが松永弾正久秀(古田新太)に「戦国の友情は想いに応えて戦うことだ」と諭され戦を決意します。
サブローと恒興の関係の変化に気づいた帰蝶(柴崎コウ)は恒興を呼び出し「偽物だと気づいているが自分が好きなのは今の信長だ」と言います。
光秀はますます嫉妬心を強めます。

【転】ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」11話 最終回のあらすじ3

浅井・朝倉家との戦が始まり織田家は優勢になりますが、サブローは市(水原希子)らを心配します。
すると秀吉は自分が救出しに行くと言います。
秀吉は久政との関係が発覚する前に自分の手で殺害しようとしていたのでした。
本丸にも火が放たれ市と子供らは秀吉に救出されますが、市は城に戻り長政と一緒に死のうとします。
しかし長政は「自分の分も生きて娘たちを幸せにしてくれ」と言い市だけ救出されます。
サブローは市に謝るが「戦国の世では仕方ない」と言われます。
しかしサブローは「いつの時代の命も大切だ」と思い光秀と入れ替わり長政を助けに行こうとします。
恒興も同意しサブローについて行きます。燃える城の中では長政が切腹しようとしていました。
サブローは止めますが長政は「争いのない未来を作って下さい」と言い切腹します。
サブローは苦しむ長政のために首を落し浅井家との戦を終えます。

【結】ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」11話 最終回のあらすじ4

次の日の朝、サブローは城を出ます。
帰蝶はサブローの覚悟に気づいており見送るのでした。
サブローは信長になる覚悟をした木の下に来て今までの事を思い出していました。
そこに恒興が迎えに来てもう一度信長に戻るように言います。
恒興は本物の信長である光秀にサブローに仕えたいからいなくなるなら自分も織田家を出ると頭を下げていたのでした。
光秀は、恒興にサブローを連れ戻しに行くよう言ったのでした。
一方、秀吉をずっと疑っていた半兵衛は秀吉が浅井家との戦いをわざと起こしていたことを知り秀吉をやめさせるように信長に言いに行きます。
しかしそこにいたのはサブローではありませんでした。
それを知っている秀吉と光秀は通じていてサブローの味方をする半兵衛を邪魔に思い殺してしまいます。
城に戻ったサブローは自分が信長をやる意味に気づき光秀に続けることを謝ります。
本物の信長・光秀は天下をとるためなら仕方ないし自分はそばで支え続けると言って握手します。
しかしその場所はあの本能寺だったのでした。

信長協奏曲(コンツェルト)10話はこちら

信長協奏曲(コンツェルト)のネタバレあらすじ結末まとめTOP