ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」10話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」10話

ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」10話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」10話のあらすじ1

サブロー信長(小栗旬)に本物の信長である光秀(小栗旬・二役)は延暦寺の件を謝罪するがサブローはこれ以上信長をやり続ける自信を失ってしまいます。
家臣らはこの件は織田家にとって仕方ないことだったと納得するがサブロー信長は謝罪します。
恒興(向井理)は態度がよく変わる信長を不審に思い始めます。
ある日、光秀が忘れていった扇を見て驚きます。
それは父・信秀から譲り受けたものだったからでした。
恒興は光秀に問いただすと入れ替わっていたと言われてしまい今まで偽物のために命をかけていたのかとショックを受けます。
一方、秀吉(山田孝之)の動きを以前から不審に思っていた半兵衛(藤木直人)は素性を調べ始めます。

【承】ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」10話のあらすじ2

その頃、足利義昭(堀部圭亮)は織田討伐の書状を周辺国の大名に送付していました。
それをやめてもらうように直接交渉に行くことになりますが、恒興は偽物のサブロー信長に行かせたくないのもあり光秀と秀吉と恒興で行くことになります。
光秀は強い交渉でやめさせることに成功します。
しかしその裏で秀吉は別の動きをしていました。
足利に自分が信長を欺いて討つので挙兵するように提案していました。
城に戻ってサブロー信長に報告していると秀吉の作戦通り足利義昭は挙兵してきました。
義昭は周辺国も一緒に戦ってくれるからその勢いで自分が信長を討つと約束していたのでした。
しかし秀吉は足利を騙して逆に首をとったのでした。

【転】ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」10話のあらすじ3

足利幕府は終了し織田家は、周辺国からも一目おかれ年号をつける権利ももらい「天正」とつけます。
しかし、サブローは秀吉が足利を欺いて勝ったことを知り秀吉を怒ります。
家臣らはそうでもしなければ幕府を倒せなかったし、織田家が天下を執るためなら仕方なかったと秀吉の味方をします。
サブローは自信を失っていきます。
一方、帰蝶(柴崎コウ)は侍女ゆき(夏帆)に女としての幸せを与えたいので利家(藤ヶ谷太輔)とデートするように言い2人は出かけます。
お互いの夢を語りゆきは幸せな気持ちになり城へ戻ります。
すると以前、スパイをしていた時に指示を受けていた朝倉家家臣の小泉影邦(木下ほうか)を見かけます。
小泉は朝倉から織田家に仕えたいと言ってその歓迎の宴が行われることになっていました。
ゆきは心配し利家に見張るようにお願いします。

【結】ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」10話のあらすじ4

宴が始まり利家は小泉を見張っていましたが、一瞬の隙に別の侍女のスパイがサブローに襲いかかります。
ゆきはサブローをかばって殺されてします。
恒興はサブロー信長が偽物だと知ってから偽物のために織田に仕えるものが死んでいくのが耐えられないでいました。
ゆきが殺されたことでついに直接サブローに「偽物を守るために命をかけているのではない。これ以上は耐えられない。この城から去れ」と言います。
一方、半兵衛は秀吉もまた馬番だった木下藤吉郎と入れ替わった謎の人物だということを掴み不審に思います。

信長協奏曲(コンツェルト)9話はこちら

信長協奏曲(コンツェルト)11話最終回はこちら

信長協奏曲(コンツェルト)のネタバレあらすじ結末まとめTOP