ドラマ「若者たち2014」第10話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「若者たち2014」第10話「支えあう」

稽古場で多香子は香澄の相談にのっていた。暁は旭に「俺たちを頼れ。いいことだけじゃなく全てもことを共有するのが家族」と言う。それそれが支えあう。

【起】ドラマ「若者たち2014」第10話のあらすじ1
兄弟全員で朝食を取る旭(妻夫木聡)たち。そして今日、娘・あかりの担当医の新城(吉岡秀隆)から連絡があったことを嬉しそうに話す。
旭は勝手にあかりが今日退院できるのだと思い込み一人で盛り上がっていた。

しかしその日、新城から聞かされた検査結果は、あかりは難聴の可能性があるとのことだった。
それを聞いた旭と梓(蒼井優)は愕然としてしまう。

先に帰ったひかり(満島ひかり)は暁(瑛太)らに兄弟たちにあかりのことを告げた。
一方、現実を受け入れられない旭と梓は思い出の遊園地であかりの思い出話をしながら感傷に浸っていた。

【承】ドラマ「若者たち2014」第10話のあらすじ2
ようやく学校に通い始めた香澄(橋本愛)だったが、机の中に旦(野村周平)が流出させた画像の写真が入っていた。
誰かにバレているかもしれないと恐怖に駆られ、学校を飛び出した。

そんな落ち込んでいる香澄のもとに、暁の依頼で多香子(長澤まさみ)が相談にのる。
しかし多香子は自分の過去の話をし、
「全てを受け入れて前に進むしかない」
と告げる。


【転】ドラマ「若者たち2014」第10話のあらすじ3
そんな折、仕事中の旭のもとにひかりから電話が入る。
病院に訪れるはずの梓が来ていないとの事だった。

梓は、実家に帰り母親のもとに身を寄せていた。
あかりの難聴がショックでさらに自分の責任だと感じてしまいっていた。

梓を迎えに行く旭だったが、梓の母親からしばらく娘を預からせてほしいと言われる。
旭は新城に相談しに行き、新城から、
「体重が少ないとか耳が聴こえないとかそういう目の前の現実に惑わされず、命そのものを見つめろ。」
と言われ、旭は覚悟を決める。

そしてひかりは梓に会いに行き、ひかりが生まれてからの写真のアルバムを手渡した。

旭と梓は新城の紹介で聾学校の歌の発表会を見学しに行く。
障害を抱えながらも一生懸命歌う子供たちを二人は涙する。

旭は、あかりを迎え入れるため仕事を辞めてしまった。
そんな旭を陽(柄本佑)が殴りつける。
駆け寄ってきた旦(野村周平)も、
「痛みを兄弟に分けてくれ」
と言う。暁も、
「全て共有するのが家族。あかりだって俺たちの家族だ。俺たちに任せろ」
と旭に伝える。
「なんだよ、お前ら」
と言い旭は泣き崩れてしまう。

【結】ドラマ「若者たち2014」第10話のあらすじ4

旭は飛び蹴りをして首になってしまった会社に行き、また働かせてほしい社長に懇願する。
一番好きな仕事をして娘を迎え入れたいと伝える。
社長は最初は渋りながらも、最後は気持ちよく旭を迎え入れた。

兄弟たちはみんなそれぞれ手話を覚えており、誰が声を出さないか勝負しながら朝食を楽しんでいた。
そこに多香子が突然現れ、旭が多香子の兄に差し出した家の利権書が売られ、買い手がついてしまったと言うのであった。

若者たち2014のネタバレあらすじ結末まとめTOP