ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第5話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第5話

ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第5話の主な出演者、登場人物

百合根友久(岡田将生)
赤城左門(藤原達也)
青山翔(志田未来)
黒崎勇治(窪田生孝)
山吹才蔵(三宅弘城)
結城翠(芦名星)
警視庁捜査一課
筒井桃子
菊川吾朗(田中哲司)
三枝俊郎(渡部篤郎)
池田厚作(林遣都)上司
松戸紫織(瀬戸朝香)

ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第4話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第5話のあらすじ1
心霊テレビを見ていた青山翔。仕事中に見ている青山翔に注意する百合根友久。そして黒崎勇治がDVD観賞をしようと誘う。そんなとき男性の遺体が発見されたと電話が来る。その男性は心霊のテレビを見ていた安達春輔シリーズ新作の撮影をしていた際に死亡したプロデューサーの細田康夫。第一発見者はAD戸川一郎。脚立から落ちて死んだ事故だと言う菊川吾朗。だが赤城左門は事故ではないと言う。

【承】ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第5話のあらすじ2
聞き込みを開始した百合根友久と赤城左門、そして青山翔は、オクトパスプロに行き、撮影関係者に話を聞くが、みんな嘘をついていると言う。
事故ではないと松戸紫織に報告する百合根友久。現場に行き実験をすると言い、黒崎勇治は脚立から落ちる。だが、まだ納得いかない百合根友久。赤城左門は、明日が実験本番だと言う。翌日百合根友久達3人は、殺害現場の下の階に住んでいる山田稔に話を聞く。
警察で、嫌がる百合根友久を連れてきてSTは撮影現場が収録された心霊テレビを調査していた。赤城左門は、百合根友久と青山翔を連れて安達春輔のところへ向かう。霊を感じた時に頭痛するという安達春輔。話を聞いた赤城左門は山吹才蔵に一課に行ってほしいと頼む。戸川一郎に話を聞いて、安達春輔と細田康夫は仲が悪かった事を知る。金に困っていた安達春輔は、水木優子と細田康夫が不倫していたことを脅迫していたと言う。そして、上原毅彦は水木優子の事が好きだった。置いて行った週刊誌を見て、赤城左門と青山翔は、何かを確信する。

【転】ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第5話のあらすじ3
だが、捜査が行き詰まり、百合根友久のせいにする赤城左門。そこに、筒井桃子から電話が来て、報告する。安達春輔が嘘をついている事が分かった百合根友久が車のエンジンをかけた時、電波がおかしい事にイライラしていたが、赤城左門が違法放送を見つける。そしてその放送をしていた人の声に聞きおぼえがあった赤城左門が殺害現場の屋上に上がる。そして謎が解けた赤城左門は、事件関係者を殺害現場に集めるよう百合根友久に命令する。

【結】ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第5話のあらすじ4
事件現場に集まり赤城左門が指示したとおりST達が動く。そして、水木優子が突き落してしまった事を自供する。酔って迫ってくる細田康夫を振り払おうとしたので、殺すつもりはなかった。だが、この現場まで運んでのは、2人だと言う赤城左門。そしてもう一人は、上原毅彦だと分かる。上原毅彦は、水木優子が突き落とした現場を見て手伝ったと言う。そして現場まで持ってきた。だが、まだ死んでいなかった細田康夫の首の骨を折り、息の根を止めたのだった。最後まで認めず、上原毅彦は水木優子が殺したとシラを切る。やっと認めた上原毅彦は連行される。事件が終わり、青山翔を家まで送る。事件の結果報告を松戸紫織に報告する百合根友久。STを科捜研に戻すという松戸紫織の提案に、百合根友久はSTのみんなから離れないのが自分の存在価値だと言い去る。その言葉を聞いていた結城翠。照れる百合根友久。

ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」のネタバレあらすじ結末まとめTOP