ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第2話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第2話

ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第2話の主な出演者、登場人物

百合根友久(岡田将生)
赤城左門(藤原達也)
青山翔(志田未来)
黒崎勇治(窪田生孝)
山吹才蔵(三宅弘城)
結城翠(芦名星)
警視庁捜査一課
筒井桃子
菊川吾朗(田中哲司)
三枝俊郎(渡部篤郎)
池田厚作(林遣都)上司
松戸紫織(瀬戸朝香)

広塚章太(忍成修吾)
大畑章夫(中山仁)
山田修(大沼遼平)

ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第2話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第2話のあらすじ1
3か月前から昼夜を問わず通行人が何者かに殴られ気絶する事件が多発。犯人は殴る所を自ら撮影しネット上にアップしていた。この犯行をゲームのようにしていた犯人には、ルールがあり、それは素手で一発殴るだけでそれ以上の事はしないというものだった。投稿した動画の閲覧数の増加により、犯人は投稿数を増やすために事件が増加している。今回はSTも参加する事を百合根友久に伝える松戸紫織と池田厚作。

【承】ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第2話のあらすじ2
その頃、又素手なぐりの犯行が行われ初めての死亡者が出た。被害者の名前は山田修。
殺された山田修のアパートに向かった百合根友久と赤城左門は被害者の生活習慣を見直していた。そして、赤城左門の命令でしぶしぶ聞き込み調査をする百合根友久。
赤城左門と百合根友久は、広塚章太の仕事部屋に向かう。そこで血痕を発見する。広塚章太は大塚アキオの名前で活動しているラノベの作家であった。ファンの間では、大塚アキオは2人いると噂されていた。大塚アキオは、山田と広塚章太の2人からなる小説家だった。出版社から提供してもらった直筆文を青山翔がプロファイリングし、2人で小説を書いていたことを確信する。
連続暴行犯を菊川吾朗と筒井桃子が捕まようとするが、犯人は1人ではなく複数いた。その事を把握していなかった菊川が被害に遭う。
広塚章太を事情聴取する赤城左門と百合根友久。だが事情聴取が終わり、犯人は広塚章太では無かったと言う赤城左門。

【転】ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第2話のあらすじ3
病院に運ばれた菊川吾朗のもとに来た百合根友久と青山翔。そして青山翔に素手殴り犯は複数犯だったと報告する女。落ち込む青山翔を慰める百合根。
山田から検出された皮膚片から調べた結果末期のがんであることが分かった赤城左門は、犯人が広塚章太で無いことを確信した。青山翔はプロファイリングを見直す。
百合根と赤城のとこに徹夜して再分析結果を報告しに来た青山翔は、小説家は2人ではなく3人であることを報告する。その3人目が真犯人であった。

【結】ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第2話のあらすじ4
青山翔のプロファイリングのおかげで今度こそ犯人を捕まえることが出来た筒井桃子と黒崎。確保した報告を青山翔にする筒井信頼を取り戻し喜ぶ青山翔。
山田修殺害の真犯人が仕事場に手紙を置き出て行くところに赤城左門と百合根友久が来る。犯人大畑章夫は、マスコミに暴露しようとする山田を止めようとするが聞かなかったので殺害したと話す。青山翔が書いたメモを大畑章夫と広塚章太に見せ、事実確認をする。その犯人は広塚章太の行き別れた父親だったのだ。事実を知った広塚章太は父親の大畑章夫会う。小さい頃の事を思い出し、泣きながら抱きつく広塚章太。
女に捜査報告をしに行った池田。退院した刑事のとこに青山翔がきて謝るが、感謝される刑事。刑事のとこに置いて行った人形を赤城がいる店に渡しにくる百合根。

ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」第3話の予告

火が無いとこで出火した難事件を解決するST。一体火を付けた犯人はだれなのか。

ドラマ「ST赤と白の調査ファイル」のネタバレあらすじ結末まとめTOP