ドラマ「信長のシェフ」第7話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「信長のシェフ」第7話「敵は本能寺にあり?!明智光秀の策略、、、食わず嫌いグルメで室町幕府の崩壊?!」

【起】ドラマ「信長のシェフ」第7話のあらすじ1
織田信長(及川光博)に室町幕府を崩壊せよ、と命を受けたケン(玉森裕太)は相変わらず信長の意思が読めずに困惑していた。信長は将軍に上手いものをたべさせてやれ、ただし食材はこちらで指定する、とだけ命令し、明智光秀(稲垣吾郎)とともに、将軍のところに向かわせる。将軍(正名僕蔵)は織田信長が自分に料理を献上するということは、自分に従うと決めたのかと思い、大変満足していた。その料理は「トルテュとスープとフリット」。しかしこの料理の材料が、すっぽんのことを知り、将軍は大変激怒してしまう。実は亀は、「元亀」という年号にもつかわれるほど、長寿の印として将軍は大切にしていた。信長はこの激怒することをわかりケンにスッポンを使って料理作らせたのだ。

【承】ドラマ「信長のシェフ」第7話のあらすじ2
ケンと明智光秀は切り捨てられそうになったのを何とか逃げ切り、本能寺に逃げ込んだ。
そのときにケンは明智光秀にこれから信長はどうするのか尋ねる。室町幕府を倒した後、妹、お市と結婚させた浅井長政を倒し、一族を皆殺しすることを伝えた。そのために今は室町幕府を倒さなければいけないのだ。


【転】ドラマ「信長のシェフ」第7話のあらすじ3
激怒している将軍は打倒信長を目指し、軍を上げる。しかし、軍を上げたころには信長の軍がすぐそこまできて、将軍は罠にはめられたことを知る。

最後の砦となる場所で、扉を開けないと押しいるという状況下の中、将軍は「最後の一滴の血まで武士の頂点である」ことを告げ、子供と妻と屈服しないことを誓う。
信長が押し入ろうとしたそのとき、ケンが将軍のための料理を作らせてほしいと頼む。
ケンが将軍に作ったのはスッポンを使ったすき焼き。
ケンは将軍に、この亀を食すことで、元亀を終わらせることを信長に伝えるしか道はないと説得する。説得のかいもあり、将軍は負けを認める。
将軍を落とした信長はついに浅井長政を落とす作戦を企てる。ケンと秀吉(ゴリ)に山本山城にいくことを命じる。そこの城主は浅井の重臣であるため、そこからジワジワと責める予定だと話す。

【結】ドラマ「信長のシェフ」第7話のあらすじ4
山本山城では、阿閉貞征と息子の貞弘が浅井に対し、織田に打ち負かされるだろうことを明かす。貞征は秀吉に負けるだろうから、せめて息子だけでも預かってほしいことを頼む。自分は比叡山の焼き討ちなど数々の暴君の限りをつくした信長には仕えたくないことを教え、息子と敵同士になろうとも織田に協力はできないと断言。
そこでケンが貞征の嫌いな鳥の皮を北京ダックにし、食わず嫌いでも料理の仕方によって美味しくなるものもあることを教え、違う見方をすれば織田が先の世の中を見据えていることがわかることを諭す。

信長のシェフのネタバレあらすじ結末まとめTOP