ドラマ「警視庁捜査一課9係」第9話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「警視庁捜査一課9係」第9話のネタバレあらすじ結末

殺人事件が発生する。犯人はオーディコロンの容器を凶器にして殺害するが、加納倫太郎は、なぜこれを凶器にしたのか疑問に思う。9係が難事件に挑む。

ドラマ「警視庁捜査一課9係」第9話のネタバレあらすじ結末

*2014/09/03放送

【起】ドラマ「警視庁捜査一課9係」第9話のあらすじ1
第1回石沢杯男女混合オープントーナメントに出場し、準決勝に進出した明神将人(金子昇)。その頃、浅輪直樹(井ノ原快彦)は石川倫子(中越典子)にバレないように見ていた。ビリヤードの準決勝に進んだ明神将人と秋元美鈴(森カンナ)が試合をすることになったが、試合会場に明神将人が来なくてスタッフが呼びに行くと、控え室で死んでいるのを発見する。叫び声で巽三郎(伊藤洋三郎)が駆け付ける。

【承】ドラマ「警視庁捜査一課9係」第9話のあらすじ2
スタッフと巽三郎に事情聴取をする小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)。凶器はオーデコロンとみる。明神将人が男と言い争いをしていたとこを目撃したと言う宇佐見保(加藤諒)の話を聞く青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)。死因を早瀬川真澄(原沙知絵)に聞く小宮山志保と村瀬健吾。明神将人が最後に映っている映像を確認する警察達。明神将人が秋元美鈴を記者たちの前でけなす様子が映っていた。明神将人と言い争いをしていた男は田茂山耕介(山田アキラ)と言う男だった。ビリヤード場に来た加納倫太郎(渡瀬恒彦)と浅輪直樹は、秋元美鈴に話を聞く。そこに、以前は明神将人に教えてもらっていた石沢明が来て、個人レッスンを受ける。青柳靖と矢沢英明は田茂山耕介の聞き込みを開始すると、おとといの夜喧嘩していた事を聞く。その動画を見せてもらうと、そこに巽三郎が映っていた。

【転】ドラマ「警視庁捜査一課9係」第9話のあらすじ3
巽三郎に事情聴取をする青柳靖と矢沢英明は明神将人に、明神将人を殺したのかと聞くが、右腕が上がらないので人を殺せないと否定する。それを聞き疑問に思った加納倫太郎は、浅輪直樹と事件現場に聞き、再調査する。そして凶器はオーデコロンではなく、ビリヤードの玉だと言うことが分かる。宮山志保と村瀬健吾は、スーツケースに入っていた血が付いている巾着を見つける。

【結】ドラマ「警視庁捜査一課9係」第9話のあらすじ4
巽三郎は、スタッフがいない間にオーデコロンにすり替えたと言う。秋元美鈴は警察で、巾着は盗まれたと言う。そして8年前アメリカから帰国し、明神将人と大きな賭けをして負けたことを話す。松浦祐子(田川可奈美)を任意同行する青柳靖と矢沢英明。小宮山志保と村瀬健吾は江藤次晴(佐野泰巨)に話を聞くと、言い訳を言う。江藤次晴は警察で、明神将人が松浦祐子との関係を話し、それに怒った無我夢中で殺したことを自供する。

秋元美鈴は、巽三郎とアメリカで開催される男女混合の大会で戦おうと約束する。そして、もうお守りは必要ないと言う。浅輪直樹は石川倫子のとこに行き話す。フラワーアレンジメントの勉強をしていると言う。浅輪直樹はやり直そうと話そうとするが、遮られ去る石川倫子。

ドラマ「警視庁捜査一課9係」第8話のネタバレあらすじ結末まとめTOP