ドラマ「警視庁捜査一課9係」第3話のネタバレあらすじ結末まとめ

ドラマ「警視庁捜査一課9係」第3話

ドラマ「警視庁捜査一課9係」第3話の主な出演者、登場人物

加納倫太郎(渡瀬恒彦)
浅輪直樹(井ノ原快彦)
小宮山志保(羽田美智子)
村瀬健吾(津田寛治)
青柳靖(吹越満)
矢沢英明(田口浩正)
早瀬川真澄(原沙知絵)
石川倫子(中越典子)
垣内妙子(遠藤久美子)

富樫文則(奥田達士)
富樫弥生(中山忍)
富樫文哉(加藤清四郎)
池内理緒(メイサツキ)
阿部進(田中伸一)
町田寛(長島琢磨)
加藤孝輔(兼松若人)
猪狩育夫(尾関伸嗣)

ドラマ「警視庁捜査一課9係」第3話のネタバレあらすじ

【起】ドラマ「警視庁捜査一課9係」第3話のあらすじ1
橋の下で死体が見つかる。遺体には財布が無く、昨日のバンドのチケットを持っていた。そして眼鏡ふきのような布も発見された。
被害者は富樫文則。東京国税省に向かった2人は、富樫文則と調査をしていた町田寛に話を聞く。東京国税省は敵が多く、富樫文則はしつこい調査をし、特に敵は多かったと言う。殺された日、朝礼後、茨城カリクオの調査をしに行くと言って出て行ったと言う。
遺体安置所に富樫文則の妻富樫弥生と息子富樫文哉が遺体確認に来る。

【承】ドラマ「警視庁捜査一課9係」第3話のあらすじ2
聞き込み調査を始める。情報収集をし、報告をする。
村瀬健吾は、カリクオ株式会社社長猪狩育夫を疑っていた。
池内理緒の写真を見た浅輪直樹は、自分が持って生きたCDを見せ、昔人気だった人気デュオ「ビタークッキー」の1人が池内理緒だと判明。そしてもう1人が被害者富樫文則の妻富樫弥生であった。富樫弥生は、芸能界から引退し専業主婦となる。
加納倫太郎は富樫文哉の為にこの布を持っていたのだと言うが、富樫文哉は信じない。
父富樫文則の事を富樫文哉に聞くと、融通の利かない硬物だと言う。
猪狩育夫のところに来た小宮山志保と村瀬健吾。アリバイを聞く。質問攻めする村瀬健吾に対し、猪狩育夫は、経営は持ち直したと言う。

【転】ドラマ「警視庁捜査一課9係」第3話のあらすじ3
阿部進のところに青柳靖と矢沢英明が話を聞きに行く。
加納倫太郎は富樫文哉と話をする。バンドを組みたいと母富樫弥生に相談し、内緒でギターを買ってくれた。ギターを見た加納倫太郎は調べたところ、幽霊会社であった。
トランクルームに来た小宮山志保と村瀬健吾。富樫文則も来ていた事が判明。そのトランクルームから盗まれたギターが見つかる。トランクルームを借りたのは加藤孝輔だった。
池内理緒と阿部進がいるライブハウスに青柳靖と矢沢英明が行き、盗難ギターについて聞く。池内理緒は盗品だと知らなかったと言う。バンドのメンバー加藤孝輔が頼んだものだと分かり、事情聴取をする。家にあったギターを見つけた富樫文則は、茨城に行き盗難ギターを調べていた時に、加藤孝輔の名前を見つける。
ライブハウスに行った本当の理由は、加藤孝輔に会う為だった。いかりと加藤が組み行ったと調べた富樫は警察に報告すると言われ箸から突き落とした。メジャーデビュー前に捕まりたくなかった。

【結】ドラマ「警視庁捜査一課9係」第3話のあらすじ4
カリクオに強制捜査を向かうのをテレビで見る加納倫太郎と浅輪直樹。富樫文則の無念が報われた。富樫弥生と富樫文哉に会いに来た加納倫太郎と浅輪直樹。勘違いしていた2人は事実を知り、悲しむ。
妻富樫弥生のために用意していた布を加納倫太郎が渡す。後悔する妻。真実が分かり感謝する富樫文哉。

ドラマ「警視庁捜査一課9係」4話 予告

別人になりすました可能性がある死体。後戻りできない双子が交わした約束とは。

ドラマ「警視庁捜査一課9係」のネタバレあらすじ結末まとめTOP